睡眠薬を「インターネット通販」で買ってはいけない理由

睡眠薬に限った事ではありませんが、医薬品成分の薬を、インターネット通販で購入する時は充分な注意が必要です。
日本国内では医師の処方なく医薬品を販売する事は違法です。少なくとも、私は絶対におすすめできません。
特に睡眠薬は、神経系に作用するお薬です。どうしても睡眠薬が必要なら、病院で医師に処方してもらうのが妥当です。
睡眠薬のネット購入を検討している方は、本記事を最後までお読み頂ければ幸いです。

睡眠薬_通販

個人輸入代行の睡眠薬が危険な理由

最近よく見かける、個人輸入代行(個人輸入)のサプリメントやお薬。
睡眠薬だけではなく、抗うつ剤なども、医薬品成分のお薬が販売されている事があります。
なぜ私が、こうした薬をおすすめできないのか。大きな理由を書き出してみました。

  • 日本では認められていない医薬品成分が販売されている。
  • 偽造品が多く出回っている。
  • 不衛生な物が混じっている場合がある。
  • 副作用が起きても、メーカーや販売者には責任を追求できない。

調べてみると、個人輸入代行で購入した医薬品やサプリメントを使用した事により、死亡を含む重大な健康被害が生じた例も多くあるそうです。
以下は、政府の公報チャンネルですが、個人輸入代行での、サプリメントや医薬品を購入する事の危険性を動画で説明しています。

 政府 インターネットチャンネル
「危険です!医薬品等の個人輸入~インターネットでの購入をお考えの方へ」

個人輸入代行の利用を検討している方は、必ず1度観ておいたほうが良いでしょう。特に厚生労働省の方が説明している以下の文言は重要です。

日本国内で、正規に流通する薬品には、重大な健康被害が生じた場合に被害者を救済する「医薬品副作用被害救済緯度」という制度があります。
しかし、個人輸入した医薬品よる健康被害は、救済対象にはなりません

つまり、個人輸入代行で購入した医薬品で、何らかの健康被害が起きても、輸入代行業者に責任を追及する事はできません。ほとんどの場合、購入者の責任という事になります。

特に注意が必要な、精神系の医薬品

私は、インターネットで個人輸入で医薬品を購入した経験は、勿論ありません。
しかし、睡眠薬について調べていると、個人輸入代行で睡眠薬を販売している業者の広告を沢山見かけます。
広告の内容は、とにかく購入者を安心させようとする文章や、写真が沢山掲載されています。

睡眠薬や効うつ剤の場合、お医者さんの指示に従って服用していても、副作用や依存症に苦しむ事があります。
効うつ剤の場合は、神経系に作用するので、想像もつかない副作用を引き起こす事がよくあるそうです。

神経系に作用するお薬は、想像もつかない副作用を引き起す事があるという事は、しっかり知っておくべきだと思います。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く