睡眠薬と睡眠サプリの併用は危険?副作用について

睡眠の質を向上させるサプリメントが、最近は一般の方に広く普及しています。中でも人気のサプリは、セロトニンを増やす効果が期待できるサプリメントです。

セロトニンは、人間の体内で作り出される神経伝達物質です。緊張感を抑え、不安を解消し、心を穏やかに保つ効果があるとされています。
更に、睡眠ホルモンであるメラトニンを生成することで、不眠の解消にも高い効果が認められています。

こうしたサプリが広く浸透すると共に心配されるのが、副作用などの危険性です。
例えば、睡眠薬との併用や、お酒と一緒にセロトニンを増やすサプリを使用する事について、安全性は確認されているのでしょうか。

睡眠薬_サプリ_併用

睡眠サプリの副作用

上記にも書いた通り、サプリを使用する目的としては、不眠の解消や睡眠の質の向上だけに留まりません。緊張感を抑え、リラックス効果を得る為にも、セロトニンを増やす為の「睡眠サプリ」が使用されています。
頻繁にこうしたサプリを使用する事に危険性はないのでしょうか。

セロトニン神経は、脳の様々な神経に軸索(じくさく)を送っています。
セロトニン神経が何らかの理由で暴走すると、脳は様々な障害を引き起こすと考えられています。
例えば、うつ病を患う方に処方される、セロトニンを一時的に増やす、効うつ剤「SSRI」を使う事によって引き起される副作用に「セロトニン症候群」があります。

セロトニン症候群が起こると、焦燥感や不安感が強くなり、異常行動を起こす危険性も指摘されています。動悸や発汗など、身体的な症状も引き起されると言われています。それでは、セロトニンを増やすサプリを誤って使用したり、大量に摂取する、このような症状が発生し得るのでしょうか。

実は、市販されているセロトニンを増やすサプリメントによる副作用は、国内のメーカーにより製造されている物に関しては、ほぼあり得ないと考えて間違いありません。
セロトニンを増やすためのサプリメントは、基本的には必須アミノ酸などの、普段の食事にも含まれている成分で作られています。
病院で処方されるような、SSRIなどの医薬品とは、成分が全く異なっているのです。この為、睡眠薬やアルコールなどと併用して飲んだとしても、副作用が起こるようなことは、まず考えられません。

睡眠サプリで気をつけなければいけない事

ただし、そうは言ってもサプリを購入する際は、気をつけなければいけない事もあります。
インターネットでもよく見かける、海外で製造されたサプリなどもその1つです。近年、日本では購入できない海外のサプリが、インターネット上で個人輸入代行という方法で販売されています。

一見すると、日本で販売されているサプリと何ら変わらないように見えますが、日本では販売が禁止されている医薬品の成分を含んでいたり、注文しても届かなかったり、本物と全く見分けのつかない偽造品が販売されていたりと、トラブルが耐えないのが実情です。

また、1番の問題は、こうした個人輸入代行を通して購入したサプリで、万が一健康被害が起きた場合、販売業者やメーカーに責任を問えない事です。
厚生労働省でも、個人輸入代行のサプリの危険性を消費者に告知しています。

併用している医薬品に気をつける

また、いくらサプリに副作用がないからと言っても、併用する薬には気を遣った方が良いでしょう。
特に、抗うつ剤や、精神安定剤などの、神経に影響を与える薬を服用している場合は、併用するサプリについて問題がないかを、念の為医師か薬剤師に確認する事をお勧めします。
副作用の危険性は心配無いとされていますが、ごく稀に、セントジョーンズワートと呼ばれるハーブのサプリと抗うつ剤を併用した際に、副作用が現れたという報告があるためです。
副作用の心配は、ほぼ無いと考えられていますが、念には念を入れておいた方が良いでしょう。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く