睡眠薬が増えていく.. 眠剤の「耐性」とは

睡眠薬はできるだけ使わないようにしたい。。
そう思っているのに、気がついたら今日も睡眠薬に頼って眠っている。

それだけでなく、徐々に睡眠薬が効かなくなっている気がする。
睡眠薬を使っている方なら、1度はこうした症状を経験したことがあるのではないでしょうか。

睡眠薬が増えていく..

睡眠薬_やめたい
人間の身体は、薬剤に対して自ら抵抗性を作り出すために、徐々に効き目が悪くなってくるのです。この事を、薬に対する「耐性」と言います。
睡眠薬にも、薬によって耐性がすぐにできてしまうもの、長期間使用してもなかなか耐性のできないもの、また、個人差によって耐性にも大きく差があります。

睡眠薬には耐性が作られる

医師によっては、睡眠薬には耐性などないと仰る方もいるようですが、過去の海外での症例報告などを見てみると、耐性が作り出され、徐々に薬の効き目が薄くなっていくという例は、多くあるようです。
また、私自身の睡眠薬の使用経験を考えてみても、耐性ができていたのではないかと思います。もしかすると、単純に薬に対して精神的に依存してしまい、服用量が増えていたのかもしれませんが。。

勿論、睡眠薬には、安全に服用する為の容量があるので、いくら薬が効かないからといって、どこまでも使用量を増やせるわけではありません。
そのため、何度も違う種類の睡眠薬に変えてみたり、こっそりアルコールなどと併用して、睡眠薬の作用を強めている患者さんもいるようです。

薬の量を徐々に減らすには

睡眠薬や、睡眠導入剤は、あくまでも睡眠のリズムを正常に戻し、徐々に薬をやめていくようにするのが正しい使い方と言えます。
もし、徐々に薬の使用量が増えているのだとすれば、良くない兆候と捉えても、間違ってはいないでしょう。
それでは、薬の量を徐々に減らし、自然な眠りを促すためには、どのような事に気をつければ良いのでしょうか。

睡眠に「リズム」を作る

まず大切な事は、睡眠のリズムを作りだすことです。
そんなの当たり前の事だ!と言われてしまいそうですが、、夜はなるべく早い時間に寝て、朝早く起きる。
こんな当たり前のリズムを維持する事が、決まった時間に寝れるようにする為には、1番大切な事なのです。
私自身は、このリズムを作り出すために、睡眠薬や、睡眠導入剤をうまく活用すべきだと考えています。

医師によっては、多めに薬を処方したがる場合があります。
始めから沢山服用してしまっては、睡眠薬への精神依存を加速してしまいます。医師へは、なるべく少ない量から睡眠薬を使い、早くやめたいという事をはっきり伝えておきましょう。

本来、医師の仕事は、不眠症を根本的に改善することだと思います。
なるべく睡眠薬を早めにやめれるようになる事が、不眠症の治療には最善の事のはずなのに、話も聞かずに睡眠薬をやたらと処方してくるようなお医者さんもいます。
そんな時は、病院を変えて、不眠症を根本的に改善してくれる医師に診てもらうようにしましょう。なるべくなら、専門の睡眠外来などに掛かると良いでしょう。

「自然な眠り」こそ、不眠症の根本解決

不眠症の根本的な解決は、正しい睡眠のリズム、と言いました。
自然に眠りに着く為には「メラトニン」と呼ばれる、睡眠ホルモンの分泌が大切です。
メラトニンは、眠気を促し、睡眠の質を向上させる為の重要なホルモンです。
メラトニンの分泌には、セロトニンと呼ばれる脳内神経伝達物質が不可欠です。

普段から、セロトニンをしっかり分泌させる為には、毎日の継続的な運動や、朝日をしっかり浴びる事が大切です。
最近では、セロトニンの材料となる必須アミノ酸、トリプトファンを効率的に摂取する為の、サプリメントも販売されています。
日本製で安全性の高いサプリメントを以下にまとめていますので、参考にされてみてください。

 管理人おすすめ – セロトニンサプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く