睡眠薬をやめた意外な方法 – どうやってやめられた?

睡眠薬をやめることができない私の母は、どうやって薬をやめたのか?私に「詳しい話を教えて欲しい」と、よく聞いてきます。

もし、簡単ですぐに効果が出る方法があるのなら、私も喜んで教えたいと思います。しかし、私が睡眠薬をやめて自然に眠れるようになるまでに行った方法は、それなりに時間がかかります。根気も必要です。生活習慣を変えなければいけません。

それでも、この方法でしっかりと眠れるようになれば、その後睡眠薬に頼る必要は、一切なくなるはずです。実際に私がそうです。
具体的にどんな方法なのか?私が特に気をつけて実行したことをお話しします。

紙とペン

睡眠薬をやめるための「具体的な方法」

隠す必要はありませんし、正直に書きます。以下が私の行った方法です。

  1. 朝はきつくても、毎日必ず決まった時間に早起きする。
  2. 昼寝は30分以上は絶対にしない。
  3. 夜はとにかく、決まった時間に早く眠るようにする。
  4. 眠る前は、最低30分以上は意識してリラックスする。
  5. 起床時間、昼寝時間、就寝時間を毎日メモをとる。
  6. 午後以降はカフェインを一切とらない。
  7. 1日30分程度の運動をする。

あなたは、これらの方法を見て、どのように思ったでしょうか?

「そんな簡単な方法で良いの?」「そんな方法じゃ無理」

もしそのように思うのなら、実際に実践してみてください。

事実、私は3年以上も、マイスリーと呼ばれる睡眠導入剤を1日10mg、毎日欠かさず服用していたわけです。
精神的にも身体的にも、この薬に依存してしまい、薬が無ければ絶対に眠れないという悲惨な日々を送っていました。

実践する上で重要なこと

さて、上述した6つの方法の中でも、起床時間は、何があっても守るべきポイントです。必ず、毎日早朝の決まった時間に起床します。土日ももちろんです。
ここは、最も重要なポイントですから、必ず守ってください。本気で睡眠薬から抜け出すには、多少の苦労も必要です。
体に入り込んだ薬が抜けるまでには、不安や焦り、恐怖とも戦わなければいけません。

毎朝早朝に起きていれば、嫌でも体内時計が正常に戻っていきます。
その次に重要なポイントは、どんなに眠くても、眠るのは夜ということです。そうです。昼間は眠くても我慢するのです。

昼間に眠って夜は眠れない。これは当たり前です。当たり前のこと過ぎて、見逃されてしまいます。30分以上の昼寝は絶対に禁物です。むしろ、全くしないのが一番良いのです。

最後に、夜は早く眠る。ここが一番難しいポイントです。夜眠れないから悩んでいるのだという声が聞こえてきそうです。
その点は、私も十分に知っています。私も同じ道で苦しみました。

いきなり睡眠薬を絶たない

早く起きて、昼寝もしていない。眠いはずなのに布団に入っても眠れない。もう体がきつくてどうにかなりそう!
これが私の正直な想いでした。この場合は、いきなり睡眠薬を完全にやめる必要はありません。ただし、少しづつ量を減らします。

マイスリーを服用していた際、私は医師に確認して、眠れそうな時は薬を半分に割って服用する許可をもらっていました。自分の感覚で服用する日、しない日を決めていたのです。薬を突然、完全にやめてしまうことは危険です。

最後に、こうやって起床時間と就寝時間、昼寝した時間。それに加えて服用した薬の量も、毎日必ずメモを取りましょう。
しばらくすると、自身の睡眠時間(体内時計)が一定のサイクルに固定され始めることに気付きます。

正しい睡眠時間で固定され始めると、徐々に睡眠薬がなくても自然に眠ることができ始めます。
今回は少し簡略化して書きましたが、次回以降、もっと具体的に説明していきたいと思います。

ところで、7つの方法は、少なくとも1ヶ月以上は継続して続けてください。いきなり全てが上手くいくことは絶対にありません。
3ヶ月間くらいは失敗しながら、時間をかけて成功すれば良いのです。焦りは絶対に禁物です。

2015年9月24日 睡眠薬をやめた意外な方法 – どうやってやめられた? はコメントを受け付けていません。 睡眠薬に頼らない

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く