「正しい朝風呂」ですっきり!瞬時に脳を覚醒させる目覚め方法

目覚めの悪い朝に、すっきり目覚める究極の方法と言えば、「朝のシャワー」です。
しかし、間違った方法で朝から浴槽に浸かったり、間違った方法で朝風呂に入ってしまうと、すっきりした目覚めを得るどころか、余計に眠くなったり疲れてしまう事があります。

せっかくのすっきりした目覚めを台無しにしてしまわないように、正しい方法で朝風呂を行いましょう。

朝風呂_シャワー

朝のシャワーが脳を覚醒させる

朝からシャワーやお風呂に浸かるという方はどれくらいいるのでしょうか。

  • 水道代やガス代の事を考えると、ちょっと勿体ない。
  • 毎日「朝風呂」なんて贅沢。

そんなふうに思われてしまいそうです。
しかし、朝から脳を覚醒させ、すっきりした目覚めの感覚を得る為に朝風呂は非常に効果的で効率的なのです。

私たちの身体は、「自律神経」の影響によって、日中に活動的になれたり、夜間に眠くなったりします。自律神経の「交感神経」が優位に働けば、血圧や心拍数、体温が高くなり、活動的な気分や身体の調子を得る事ができます。

交感神経とは反対に位置する、「副交感神経」が優位に働くと、血圧や心拍、体温が下がり、眠りに最適な身体の状態となります。

交感神経を一気に働かせる

通常、自律神経が正常に働いていれば、日中は交感神経が優位に働きます。交感神経が働くお陰で、心も身体も活動的になれるのです。
しかし、生活習慣が乱れていたり、就寝時間が不規則など、なんらかの理由で、朝になっても交感神経が働かない人が中にはいます。日中になっても副交感神経が働いたままでは、身体は睡眠に最適な状態のままなので、朝から怠かったり、頭がぼーっとしたりしてしまいます。

そこで、効率的に自律神経のスイッチを「交感神経」にしてくれるのが、朝のシャワーなのです。

間違った「朝風呂」は余計に眠くなる

熱いシャワーを皮膚に受ける事で、朝に下がったままの体温を一気に上昇させ、皮膚に刺激を与えてます。この事で、交感神経を一気に優位にしてくれるのです。
ポイントは、「熱いお湯」「シャワーの刺激」です。

ここを間違えて、ぬるめのお湯で、浴槽で長風呂をしてしまうと、身体が冷え、余計に眠くなったり、疲れて怠くなってしまいます。
疲れを残さない為にも、なるべく短時間で熱いお湯を、浴槽ではなくシャワーで浴びるようにしましょう。

 管理人おすすめ – 朝すっきり目覚めるサプリ

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く