「うつ病」になりにくい睡眠時間は何時間?

アルコール

何事にもやる気が出ず落ち込む。食欲がない。睡眠時間が短い…。
こんな自覚症状が続くなら、もしかしたらうつ病をの初期症状を発症しているかもしれません。
昔はあまり耳にする事のなかった、ストレス社会におけるまさに現代病と言っても過言ではない病気です。

「「うつ病」になりにくい睡眠時間は何時間?」の続きを読む…

睡眠に逃避してしまう – 「寝て現実逃避」は克服すべき

休日_起きれない

現実逃避が悪い事だとは全く思いません。
現実が辛すぎて何かに逃げたいと思う瞬間はきっとあるからです。

私も、仕事で辛い事が重なり、その事が引き金となり、普段の何でもない毎日が「ただ辛いだけ」と感じる時期がありました。この期間は、時間さえあればただひたすら眠り続け、睡眠に現実逃避を求めていました。 「睡眠に逃避してしまう – 「寝て現実逃避」は克服すべき」の続きを読む…

9月病?!やる気が出ない、眠れない – 秋のうつ病とは?

9月病_不眠

秋になると気分が沈みがちになる。
夜になっても眠れない、、そんな症状に悩む人がいると言うと、不思議に思うのではないでしょうか。

食欲の秋、スポーツの秋、そして「睡眠の秋」とも呼ばれるほど、気候が穏やかで気持ちの良い秋の季節。
なぜそんな季節に気分が沈み、やる気が出ずに、満足な睡眠を得る事ができなくなるのでしょうか。 「9月病?!やる気が出ない、眠れない – 秋のうつ病とは?」の続きを読む…

ブルーマンデー症候群 – 日曜日の憂うつは病気?

目が覚める

土日の休み明けや、連休の後に襲ってくる「明日、仕事に行きたくないな..」という憂うつ感。明日のことを考えていると、どうしようもなく落ち込んでしまう。

そうした経験は、一見、誰にでもあるように思えます。
しかし、それが毎週続いたり、仕事が手につかなくなってしまうようなら要注意です。
「ブルーマンデー症候群 – 日曜日の憂うつは病気?」の続きを読む…

精神科医から見た「セロトニン」の減少 – うつ病の適薬とは

不眠_病院で治らない

現代を生きる人にとって、避ける事のできないストレス。
神経伝達物質であるセロトニンは、ストレスや不安感を抑制し、うつ病の治療や改善に重要な役割を果たすと考えられています。

セロトニンと聞くと、様々な精神・身体の不調や改善に効果あるとされ、万能薬のようなイメージを持っている方も多いと思います。
事実とかけ離れたような、突拍子もない噂話が出ると、セロトニン自体の信憑性を疑ってしまいそうになります。 「精神科医から見た「セロトニン」の減少 – うつ病の適薬とは」の続きを読む…