人付き合いが疲れる..働き盛りの「うつ病」対策

夜が来るのが怖い

「微笑みうつ病」という言葉がある事をご存知でしょうか。
うつ病の一種ですが、真面目で頑張り屋の方が発症する事が多く、近年増加傾向にあるそうです。

特に働き盛りの世代、人付き合いが元々あまり得意はでないという方が多く発症するそうです。 「人付き合いが疲れる..働き盛りの「うつ病」対策」の続きを読む…

30代に多い心の病と、不眠の症状 – うつ病の対策

不眠_年齢

うつ病や、ストレスによる不眠症など、、30代という年代は、特に心の病を発症する事が多くなる頃だと考えられているそうです。

職場の調査結果によると、30代は上司と部下、両方の間に挟まれ、これまでに無かった『責任』が、突然増え始める時期、というのが大きな理由だそうです。 「30代に多い心の病と、不眠の症状 – うつ病の対策」の続きを読む…

無気力で苦しい、、原因は軽度のうつ病?

不眠

無気力に苦しむ若い人たちが増えている、、と、ある新聞のコラム欄に書かれていました。

無気力に苦しむ、とは言う物の、現実には無気力である事自体に危機感を抱かず、自分で治そうとも考えない方も増えているそうです。 「無気力で苦しい、、原因は軽度のうつ病?」の続きを読む…

朝日を浴びればセロトニンが増える? – うつ病にも効果

朝型夜型切り替え

朝日をしっかり浴びる事で、うつ病や不眠症の改善・対策に効果があるという事は、これまでにも、このブログの中でも何度が紹介してきました。
基本的な事ですが、朝起きて太陽の光を浴びる事により、セロトニン神経は活性化されます。セロトニン神経が活性化されると、その分、脳の中で「セロトニン」が作り出されます。 「朝日を浴びればセロトニンが増える? – うつ病にも効果」の続きを読む…

昼夜逆転による「セロトニン不足」不眠、うつ病の原因に

不眠症やうつ病など、深刻な問題を引き起こすと考えられているのが、脳内物質「セロトニン」が不足する事です。この「セロトニン」を分泌させる神経「セロトニン神経」は、太陽の光を浴びる事で活性化されます。

しかし、この事を意識せずに、昼夜逆転の生活を送っていると、セロトニン神経は間違いなく、弱っていくそうです。 「昼夜逆転による「セロトニン不足」不眠、うつ病の原因に」の続きを読む…