セロトニンを増やすための、日光浴時間とは?

セロトニン_太陽の光

快眠に不可欠な脳内物質「セロトニン」。

太陽を浴びることがセロトニンを増やす方法のひとつだということは、これまでにも何度かご紹介してきました。
しかし、ただ太陽を浴びるのではなく、効果的なポイントがあるので、詳しく説明しておきます。 「セロトニンを増やすための、日光浴時間とは?」の続きを読む…

セロトニン不足は「薬よりサプリメント」が安全?

薬の危険性

「セロトニン」がどれだけ人の体と心にとって必要不可欠な物なのか、という事は、このブログで紹介してきた通りです。
セロトニンが不足する事で、朝から憂うつな気分で何もする気が起きない。睡眠時間が不規則になる。夜になっても眠れない。。

最悪の場合、うつ病など、心の病を引き起こす事も充分に有り得るのです。 「セロトニン不足は「薬よりサプリメント」が安全?」の続きを読む…

セロトニンス不足は女性に多い?ストレスを感じやすい理由

ストレス_女性に多い

女性の方が、男性に比べてストレスを感じやすい、という話を聞いた事はあるでしょうか。女性は、脳の構造から男性よりもストレスを感じやすいと考えられています。
「セロトニンス不足は女性に多い?ストレスを感じやすい理由」の続きを読む…

セロトニンが少なすぎる人の特徴..

夜になると不安定

セロトニンが少ない人の特徴は、どのような人物なのでしょうか。
セロトニン研究の第一人者とも呼ばれる、東邦大学医学部 教授の、有田秀穂博士の著書を参考に、簡単なリストを作成してみたので、自分が当てはまらないかどうかをチェックしてみてください。
「セロトニンが少なすぎる人の特徴..」の続きを読む…

早朝覚醒とセロトニン不足 – 明け方・早朝に目が覚める

早めに寝ても眠れない

遅い時間に寝ても、何故か早朝に目が覚める。
早いときは3時、4時くらいに目が覚めてしまい、そのまま眠れない。。
こうした不眠症状の事を、早朝覚醒と呼びます。比較的、高齢者の方に多い症状とされています。
若い方で早朝覚醒に悩んでいる場合は、ストレスや身体的な不調等の原因が考えられるので、注意が必要です。
「早朝覚醒とセロトニン不足 – 明け方・早朝に目が覚める」の続きを読む…