「グッスミン 酵母の力」の口コミと評価 – 本当の実力は..

グッスミン酵母のちから

睡りを深くする。つまり、「睡眠の質を高く保つ」ために、ライオンが独自に研究したのが、「グッスミン 酵母のちから」というサプリメントです。

グッスミン酵母のちから

このサプリメント、発売されてあまり日数が経っていないためか、インターネットを調べてみても、実際に使っている人の口コミ情報はあまり見ることがありません。
「「グッスミン 酵母の力」の口コミと評価 – 本当の実力は..」の続きを読む…

本当は眠れていない?「安眠」の基準ってどんなもの

セロトニンとは

「質の良い睡眠に」ついて、高い関心が寄せられる昨今。「安眠」は誰もが憧れるキーワードのひとつです。
しかし、意外にも「安眠」の基準は人によって違いがあり、それぞれ主観的に決めてしまっているようです。 「本当は眠れていない?「安眠」の基準ってどんなもの」の続きを読む…

体を温めれば、もっと眠りやすくなる!温め睡眠とは

温め睡眠

ベッドに入っても、神経の高まりがおさまらず、なかなか寝付けない時。そんな時は、体を温めてみると良いでしょう。

体が温まると、副交感神経が優位になり、脳がリラックスした状態になります。
私は岩盤浴が好きで良く利用しますが、温かい床に横たわるとゆったりとして、眠気がやってきます。
まさにそうした状態を作り出すと、睡眠には効果的です。 「体を温めれば、もっと眠りやすくなる!温め睡眠とは」の続きを読む…

自己暗示で不眠を解消!入眠前の習慣に

セロトニン

考え事をしてしまい、なかなか寝付けない。寝付けないと、眠ることへの強迫観念が生まれ、更に眠れなくなる。そういった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

「心を無にして」なんて、簡単に言いますが、これは修業を積んだ僧侶でさえ難しいこと。それよりも、他のことに集中するほうが、実は入眠導入につながるようです。 「自己暗示で不眠を解消!入眠前の習慣に」の続きを読む…

高齢者の不眠の特徴 – 眠りを変えれば病気を防げる

不眠

「眠る力」は、年齢を重ねるごとに衰えていきます。
例外はありますが、ほとんどの人が高齢になるに従って、睡眠に何らかの不満を抱くようになります。

人は、20代頃から、睡眠の質を高く保つためのホルモンが、一気に減少し始めるのです。そして、30代、40代年齢を重ねるに従って、睡眠の質は低下し始めていきます

高齢者_不眠

これまではぐっすり眠れていたのに..

睡眠の質が低下し始めると、具体的には以下のような症状に悩まされるようになります。

  • 体は疲れているのに、布団に入っても眠れない。
  • 深夜に目が覚め、再び寝付くまでに時間がかかる。
  • 明け方に目が覚め、再び眠ることができない。
  • 眠りが浅く、朝起きてもしっかり寝た感じがしない。

高齢になるに従って、残念ながらこうした症状は増加する一方を辿ります。
上述したように、睡眠には欠かせない、睡眠ホルモンである「メラトニン」は、年齢を重ねるに従って減少していく傾向があるからです。

メラトニン_分泌量

画像:睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌量と、年齢の関係。

メラトニンが分泌されることによって、人は眠気を感じたり深い眠りを得ることができます。言わば、人間が作り出す「睡眠物質」とも言えます。
このメラトニンの減少は、誰しも避けることができません。ですから、年をとるにつれて睡眠時間が短くなったり、睡眠の質が下がる事は、ある程度仕方のないことだと考えられます。

また、眠れない症状がどの程度なのか、という事も重要です。

不眠症の改善が、健康を作り出す

気にならない程度の睡眠時間の減少なら、大して心配する必要はありません。
しかし、次の日に疲れが出たり、日中の生活に影響が出るような不眠には、注意した方が良いでしょう。

人間は、眠っている間に、細胞の再生を促進するための成長ホルモンを分泌しています。睡眠は、疲労回復や老化防止、免疫力の向上など、健康維持の為に必要不可欠な、様々な働きをしてくれるのです。

睡眠が満足に取れていなければ、老化の促進ストレスの増加免疫力の低下など、万病を引き起こす原因を作り出します。
また、最近では広く認知されていますが、睡眠不足は自律神経失調症やうつ病の原因となる事も明らかにされています。

不眠は、あらゆる病気の根幹となります。健康を維持するためには、不眠は放置できるものではないのです

睡眠ホルモンを分泌させる方法

上述したように、高齢になるに従って、不眠の元凶となる睡眠ホルモン(メラトニン)が減少する事は、避けようのない事です。
しかし、睡眠ホルモンは本人次第で増やす事ができるものです。

このサイトでは、セロトニンを増やすための方法をいくつか紹介していますが、このセロトニンこそ、睡眠ホルモンであるメラトニンの材料となる物質なのです。

セロトニン_メラトニン

セロトニンを増やすためには、トリプトファンやビタミンB群などの栄養素が必要となります。最近では、これらを効率良く摂取するためのサプリメントも販売されています。

以下のページでは、管理人が実際に使用してみた、セロトニンを増やすためのサプリメントを公開しています。

 管理人おすすめ – セロトニンサプリのランキング

 

年をとるに従って、不眠の症状が気になっているという方は、参考にされてみてください。