夜型の体質を朝型に切り替えるには、どのくらいの期間がかかる?

朝型夜型切り替え

最近では、夜型の体質が「良くない」という見方が徐々に変わりつつあり、むしろ夜型の方が集中力も持続性もあるとさえ言われています。
独創的でクリエイティブな職種は、夜型の人間のほうが向いている、という論調まで聞く事があります。

とは言え、そうは言っても一般的な仕事をする上で、夜型の体質は問題が多いという事も事実。 「夜型の体質を朝型に切り替えるには、どのくらいの期間がかかる?」の続きを読む…

不規則な睡眠の習慣を改善するための、1つの方法

朝型夜型切り替え

睡眠の習慣が不規則になりがちな人が行うべきことは、一体どのような事でしょうか。夜型の生活や、昼夜逆転の生活は、精神的な不調やうつ病の原因となりうると考えられています。

精神面だけでなく、自立神経のサイクルが乱れ、身体のだるさや、原因の分からない体調不良を引き起こし、体調を崩しがちになってしまいます。

精神・体調、両方を健康に保つために、不規則な睡眠習慣を改善する、最も重要な方法紹介したいと思います。 「不規則な睡眠の習慣を改善するための、1つの方法」の続きを読む…

夜眠れないのに昼は眠い – 昼夜逆転の眠気を解消するには

睡眠

夜になると眠れないのに、朝や昼間には耐え難い眠気が襲ってくる。
私の場合、学生の頃から睡眠についてこんな症状で悩み、社会人になってからとても苦労をしていました。

学生の頃なら、昼間眠くてもごまかしながら、なんとか生活する事ができていました。授業中にこっそり居眠りしたり、どうしても眠たい日には、最悪授業を欠席してもなんとかなっていました。
「夜眠れないのに昼は眠い – 昼夜逆転の眠気を解消するには」の続きを読む…

夜型から朝型に変える方法

薬をやめる

今、夜型の生活をしていても、朝型の生活に変えたい!と考えている方は、多いのではないでしょうか。

夜型の生活を長く続けている人でも、ちょっとしたコツと努力次第では、朝型の生活に変える事もそんなに難しくはありません。誰にでもできる、夜型から朝型の生活に切り替える方法をお教えします。
朝型に変える

夜型から朝型に変えたい!

明日からは早起きをしよう!と思って、いきなり目覚まし時計をいつもよりも数時間早くセットしても、気持ち良く目覚められる方はほとんど居ないのではないでしょうか。

普段は8時頃に起きている方が、6時や5時に起きようと思っても、きっと目覚ましの音が鳴って目が覚めた瞬間、アラームを切って2度寝をすることになり兼ねません。

また、かろうじで早く起きれたとしても、その日の昼間に眠くなって仕事がうまくいかなかったり、長い昼寝をして、逆に夜に眠れなくなってしまうこともあるでしょう。

無理な早起きは身体への負担へも大きく、このような結果になる事は当然の結果とも言えます。

無理無く朝型に変わる方法

それでは、どのようにすれば無理なく夜型から朝型の体質に変える事ができるのでしょうか。

その方法とは、少しづつ時間をずらしていく方法です。具体的には、毎日10分〜20分程度づつ、少しずつ朝起きる時間をずらして、目標の起床時間にずらしていく方法です。

これなら、身体にも無理なく、徐々に本当の朝型体質に変えて行く事ができます。
もちろん、起床時間だけでなく、就寝時間も起床時間に合わせて毎日10〜20分づつ、徐々にずらしていきます。

毎日の起床時間、睡眠時間は紙にメモをとるなどして、きちんと記録を残し、日々の変化を確認するようにします。
また、目標の起床時間を決めたら、最初は少し眠くても確実に目を覚ますようにします。

たった1日でも、油断は禁物!

最後に、夜型から朝型へ、どんなに効果的な方法で実践しようとしても、始めからモチベーション(動機づけ)が高くなければ、道半ばで挫折してしまう確立が高くなってしまいます。

1番良い方法は朝早くからやる事を決めておき、起きたらすぐにそれを実践すると良いでしょう。身体を動かすような楽しい趣味があると、とても効果的です。
例えば、釣りや登山、テニス、ランニングなど、自分が実践していて楽しい事を、休みの日の朝の早い時間から、予定としてスケジュールに入れてしまうと良いでしょう。

特に休みの日は、気持ちが怠けてしまい、せっかく積み上げてきた朝型の習慣を、1日で壊してしまう事がよくあります。
たった1日だけ、起きる時間が遅くなっても、その後の習慣はまた1から大きく崩れてしまうので、充分に注意してください。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

昼夜逆転による「セロトニン不足」不眠、うつ病の原因に

不眠症やうつ病など、深刻な問題を引き起こすと考えられているのが、脳内物質「セロトニン」が不足する事です。この「セロトニン」を分泌させる神経「セロトニン神経」は、太陽の光を浴びる事で活性化されます。

しかし、この事を意識せずに、昼夜逆転の生活を送っていると、セロトニン神経は間違いなく、弱っていくそうです。 「昼夜逆転による「セロトニン不足」不眠、うつ病の原因に」の続きを読む…