自律神経失調症と不眠症の関係 – 不眠の理由

自律神経失調症_不眠

自律神経失調症、と言われても、具体的にどんな病気なのかを知る人は少ないように思います。自律神経は、身体のほとんどの器官をコントロールしています。

私たちが意識をしていないところで、正常に働くように各器官を動かしているのが、自律神経なのです。自分でも原因が分からない身体の異状、不眠の症状は、自律神経失調症である可能性が高いと言えます。

自律神経失調症_不眠
「自律神経失調症と不眠症の関係 – 不眠の理由」の続きを読む…

朝のラジオ体操で不眠解消?!自律神経失調症の対策にも

運動

誰だって、必ず経験した事のある「ラジオ体操」。

いつの時代も健康に関する関心は尽きる事がありませんが、最近になってラジオ体操の健康増進効果が、改めて再認識されているようです。
寝つきが悪く、布団に入ってもなかなか眠れない。朝になると、どうにも身体が辛くて起きれないという方にも、ラジオ体操は高い改善効果が期待できます。 「朝のラジオ体操で不眠解消?!自律神経失調症の対策にも」の続きを読む…

自律神経失調症の予防に、セロトニン(脳内神経伝達物質)の働き

目が覚める

以前の記事にも書いた事がありましたが、自律神経失調症は、体の様々な器官に悪影響を与えます。
不眠症や動悸などはもちろんですが、胃腸の調子が悪くなったり、頭痛やめまいなども引き起されます。

ややこしいのは、内科や専門外来を受診しても、自律神経失調症が原因だとは分からない事が多いという事です。 「自律神経失調症の予防に、セロトニン(脳内神経伝達物質)の働き」の続きを読む…