どうすれば眠くなる?「疲れを溜める」重要性

人が眠る最大の理由。
それは、脳と身体の疲れを取り除く事です。

疲労を回復させ、免疫力を上げる。脳と身体をリフレッシュをさせる。
その為にも、昼間はしっかりと「疲れる」事が大切なのです。

布団に入ったらすぐに眠くなるようにする為には、昼間にしっかり疲れておく事が、何よりも大切です。疲労物質を身体に溜めておけば、それは睡眠物質となり、眠気を作り出します。

脳に睡眠物質を溜めて、眠くする

起きている間、疲れを溜めていくことで、疲労から生まれる睡眠物質が脳に溜まっていきます。

そうすることで、夜になると一気に眠くなる。これが理想的な睡眠であり、日中を活動的に過ごしている人ほど、このようなスムーズな睡眠を得られる傾向にあります。

ここで言う、疲労とは、頭を使う疲れと、身体を使った疲れの2種類を意味しています。

寝つきを良くする工夫

日中の仕事で、頭を使う事は多くても、身体を動かす機会がほとんどない、という人も居るかもしれません。

そうした場合は、多少無理をしてでも、ウォーキングやジョギングなど、身体を動かす事を実践してみてください。特に日中は、身体を動かさないと、午後になると眠気が襲ってきたり、方や腰に凝りが溜まる事もあります。

定期的に身体を動かす為にも、昼食の後はウォーキングなどで身体を動かす事をお勧めします。

お昼の時間帯が難しければ、仕事から帰ってからでも構いません。
少し汗を掻くくらいの、20〜30分のウォーキングでも、充分に効果が得られます。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング


2014年5月28日 どうすれば眠くなる?「疲れを溜める」重要性 はコメントを受け付けていません。 不眠症の原因

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く