疲れているのに眠れない – 神経が高ぶっている時は

仕事や考え事、悩み事で頭はすっかり疲れきっているのに、何故かいつまで経っても眠れない。。
もちろん、眠れなければ余計に疲れます。「なんで眠れないんだ?!」「早く眠らないと、、」そんなふうに考え始めたとしたら、余計に眠る事ができず、悪い循環に陥ってしまいます。

疲れているのに眠れない

頭は疲れているのに、眠れない..

緊張感やストレス、神経の高ぶりは、快適な睡眠にとってはマイナスの影響しか与えません。また、身体は疲れていないのに、頭だけは疲れている。という状態も、質の良い睡眠には良くない事と言えるでしょう。

神経の高ぶりは、不眠症のもと

頭をリラックスさせるためには、身体を疲れさせる事も大切です。
私自身、この事は自分の経験からもはっきり言える事ですが、ウォーキングやジョギング、サイクリングなど、簡単な運動でも、日常に取り入れるだけで脳の緊張感を解し、質の良い睡眠を得るために重要な働きをしてくれます。

自律神経の働きが関係している

脳には、睡眠に必要な状態という物があります。それが、「自立神経」と呼ばれる物です。
睡眠にも強い影響を与えますが、それだけに留まらず、日中の身体の状態、やる気や集中力にも影響する、非常に重要な神経です。
自立神経は、2つの異なる神経から構成されています。

①交感神経..
・通常は、朝から優位に働く神経。
・集中力や、適度の緊張感をもたらす。
・心拍の上昇や、身体の各器官を、活動に最適な状態にする。

②副交感神経
・通常は、夜間に優位に働く神経。
・緊張感を弱め、リラックスや休息、睡眠に適した状態を作り出す。
・心拍数を緩やかにしたり、身体の各器官を睡眠に最適な状態にする。

この①と②が上手く切り替わらなければ、朝はいつまで経っても身体が睡眠に最適な状態のままで、頭もボーっとしたり、身体がだるくて活動的になれなかったりします。
逆に、夜になっても身体がリラックスできずに、いつまで経っても眠れない状況を作り出してしまうのです。

ストレスと不眠

夜になっっても仕事の事を考えたり、緊張した状態のままでは、いつまで経っても②の副交感神経が優位に働かず、眠れない状態が続きます。
仕事が遅くなって、頭が疲れきったままの状態で眠ろうとすると、こうした状況に陥ってしまうでしょう。

また、ストレスはいつまで経っても頭の中をフラッシュバックし、頭から離れようとしてくれないものです。どちらも、緊張感をもたらし、なかなか睡眠に必要な副交感神経を優位にしてくれないはずです。

リラックス・質の良い睡眠を手に入れる

対処法として、家の中までストレスや悩み事を持ち込まないように心掛ける事が大切です。仕事の考え事やストレスは、気持ちを切り替えて、家に帰る頃には考えないようにする事が大事です。

メンタルヘルスの観点から見ても、この事は非常に重要です。
仕事帰りの運動は、ストレスを発散させる為には非常に効果的です。簡単な2〜30分程度のウォーキングだけでも、継続する事で高い効果が得られる事が分かっています。

また、眠る前にリラックスした時間を持つ事も、副交感神経を優位にするためには重要な事です。
眠る前の2時間くらいからは、なるべくゆったりとした時間を過ごし、徐々にリラックスできるように心掛けましょう。

睡眠ホルモン、メラトニン

それでも寝つきが良くならない時は、眠る前に暖かいミルクを飲む事もおすすめです。ミルクには、睡眠を促す「メラトニン」と呼ばれる、睡眠ホルモンが含まれています。このメラトニンは、神経の高ぶりを抑え、副交感神経を優位に働かせる役割があります。

メラトニンは、「セロトニン」と呼ばれる神経伝達物質から合成されます。
ウォーキングなどの運動は、セロトニンを作り出す為に、高い効果があるという実験結果があります。
運動がストレス発散や、不眠症の改善に効果があるとされているのは、科学的な根拠に基づいているのです。
最近では、セロトニンを効率的に作り出し、眠りを促す為のサプリメントも販売されています。継続的な運動と共に活用することで、リラックス効果や、質の良い睡眠を得られます。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く