疲れがとれる眠り方 – 朝から元気で快活に過ごす

眠り方によって、次の日の朝の疲れのとれ方や、スッキリ感が変わってきます。
月曜日の「ブルーマンデー症候群」のように、朝から疲れてぐったりして、その日1日を棒に振ってしまいます。
眠り方を変えて、質の良い睡眠を得る事が出来れば、朝から快活に過ごす事ができます。

疲れがとれる眠り方
前日の疲れも寝ている間にすっかりとれ、朝から快活で元気よく過ごす為の方法をまとめてみました。

疲れがとれる眠り方は、質の良い眠り

睡眠時間は、長ければ良いと思っている方も多いようですが、実際はそうでもありません。

身近に睡眠時間でも、深い眠りをしっかり得る事ができれば、体も脳もしっかりリフレッシュすることができます。
人間は、「レム睡眠(浅い眠り)」と「ノンレム睡眠(深い眠り)」と言われる、異なる種類の眠りを、約90分のサイクルで交互に繰り返しています。
レム睡眠の状態は、体は眠っていますが、脳は目覚めている状態です。ノンレム睡眠は、脳までしっかり眠っており、本当の深い眠りの状態とも言えます。

最初の「深い眠り」を大切にする

疲れをしっかりとるために重要なのが、1番始めに訪れる、最初の「深い眠り(ノンレム睡眠)」です。

通常でしたら、眠りについてから1時間半〜2時間くらいの時に、1番始めの深い眠り(ノンレム睡眠)が訪れます。この時に、体には成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンが、体の代謝を促し、損傷した細胞の修復を促すそうです。

これは、体の疲れをとるという事だけに留まらず、細胞を若返らせる効果。アンチエイジングや美肌にも効果があるということです。
眠り始めの最初の深い眠り、眠り始めてから2〜3時間までは、目覚める事のないよう、質の良い睡眠を維持するための工夫を心掛けましょう。

良質な睡眠を邪魔しない為にも

眠り始めの最初の3時間をしっかり眠る為にも、以下のような事に気をつけてみると良いでしょう。

  • テレビやラジオをつけっぱなしにしない。
  • 照明をつけたまま眠らない。
  • エアコンや暖房は積極的に使う。

睡眠は、外部の環境によって大きく左右されます。
音や光は、良質な睡眠を妨げる要因となります。テレビやラジオをつけたままでなければ、落ち着いて眠れないという方は、スリープ機能などを使って、1時間程したら自動でスイッチが切れるように設定しておきましょう。

照明機器類も同様です。1番望ましいのは、真っ暗な状態で眠る事です。
落ち着かないという方は、可能な限り目に光が当たらないように工夫しながら、最小限の光で済むように工夫しましょう。

時間が経ったら自動的に照明が暗くなるような物が好ましいですが、なかなか販売されていないようです。

また、熱くても寒くても、できるだけエアコンには頼りたくないという考えの方も多いと思います。しかし、良質な睡眠で、疲れをとりたいのであれば、なるべく無理をせず積極的にエアコンを使うべきです。
朝までつけっぱなしにする必要は全くありません。熱帯夜の夜などは、眠り始めの2〜3時間だけでいいので、快適な温度で眠るようにすると、睡眠の質が全然違います。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く