腸に90%のセロトニンが存在する?

セロトニンと聞くと、多くの方が脳の『幸せホルモン』と呼ばれる、神経伝達物質としてのセロトニンを想像する事でしょう。

しかし、実はセロトニンは腸の方が多く存在しているのです。
脳の中のセロトニンは、全体の5%程度に過ぎませんが、腸には95%ものセロトニンが存在しています。
これ以外にも、血液中には残りの5%程度のセロトニンが存在していると考えられています。
ただし、腸と脳においてのセロトニンでは、その役割は大きく異なっているので、注意が必要です。

セロトニン_腸

腸の中にも存在する、セロトニン

脳のセロトニンは、昼の間は休んで機能していませんが、腸のセロトニンは夜間もしっかり活動をしています。主な働きは、腸管の『ぜん動運動』です。
腸管は、絶えずぜん動する事で、腸の働きが促進されています。

セロトニンが腸の中で分泌されることで、このぜん動運動が保たれているのです。

血液中のセロトニンの役割

腸の中のセロトニンが多ければ、脳のセロトニンも増えて、幸福感を得る事ができるのかと言うと、そういう訳ではありません。

腸管で作られたセロトニンは、腸の細胞から分泌されており、肝臓へと流れ着きます。ここで、大部分のセロトニンが消滅してしまうのです。

ごく一部のセロトニンは、血液を介して脳に運ばれるという考えもあるようです。
また、血液中に存在するセロトニンは、ケガをした時の止血作用があるとされています。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く