「うつ病」になりにくい睡眠時間は何時間?

何事にもやる気が出ず落ち込む。食欲がない。睡眠時間が短い…。
こんな自覚症状が続くなら、もしかしたらうつ病をの初期症状を発症しているかもしれません。
昔はあまり耳にする事のなかった、ストレス社会におけるまさに現代病と言っても過言ではない病気です。

うつ病

うつ病になりにくい睡眠時間とは?

日本は、100人に3〜7人の割合でうつ病を発症しているという調査結果があります。厚生労働省によると、年々患者数は増加傾向にあることが分かっています。
この「うつ」という症状と、睡眠時間にも深い関係があるということが、近年分かってきました。

日本大学の研究チームが、20歳以上の男女2万5000人を調査したところ、7時間以上8時間未満の睡眠を取る人が、うつ状態が最も少なかったそうです。
逆に10時間以上睡眠を取る人は50.2%、5時間未満では47.9%でした。

ただし、睡眠時間がうつに関係しているケースだけではなく、うつ状態が睡眠過多を引き起こしている可能性や、途中覚醒の場合もあります。

うつ病で初めに現れる「睡眠不足」

うつ病で一番最初に現れる症状は睡眠不足です。身体にストレスを受け、疲れがたまると眠れなくなってしまいます。そうすると、

夜寝れない → 朝起きれない → 太陽を浴びない → セロトニンが作られない → 夜寝れない…

という、なかなか抜けられない睡眠不足のサークルに入り込んでしまいます。

先にも何度かお話していますが、良い睡眠を取るには、昼間お日様の光りを浴びて、脳内に「セロトニン」というホルモンを増やすことが大切です。
夜の眠りを誘ってくれる「メラトニン」は「セロトニン」を材料として作られるからです。

 セロトニン神経を鍛える、簡単な3つの方法

メンタルな部分でいえば、睡眠不足だと気持ちがイライラして小さな事も腹が立ってしまいます。これは睡眠が不足したことにより、神経伝達物質を充分に蓄えることができなかったり、神経細胞が思うように回復していないことが原因だと考えられています。

悪循環を繰り返し、心も体も疲れ果てた時は、無理をせずに昼夜気にせず、しっかりと休息を取りましょう。
その後、ストレスを受けてない状況になってきたなと感じたら、朝起きて、太陽の光を浴びながらウォ―キングなど、軽い運動を習慣にしましょう。脳内にセロトニンを増やし、次のステップへ。

また無理をせず、サプリメントに手助けしてもらってセロトニンを補うものいいですね。最初は大変かもしれませんが、セロトニンが活性化してくればだんだんと習慣化してくるはずです。

すると、いつの日か理想の7〜8時間睡眠が取れるようになるはずです。理想的な睡眠が取れれば、気分もすっきりして、うつ症状が少しづつ和らいでいくことでしょう。
うつの症状には無縁だという人も、理想の睡眠時間を取るように心がけ、予防をしておきましょう。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く