うつ病の原因はセロトニン不足?

最近メディアでも取り上げられる事の多い「セロトニン」。
セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれていますが、このセロトニンが不足することが、うつ病の原因になるという事は、知っている方も多いと思います。

うつ病とセロトニンの関係

私自身、軽いうつ病と、不眠症を患っていた経験から、いろんな本を読んで、セロトニン不足とうつ病について自分なりに調べていました。

 管理人おすすめ – セロトニンサプリのランキング

中でも参考になったのが、「セロトニン欠乏脳」という本。
著者の有田秀穂先生は、セロトニン研究の第一人者と呼ばれる方です。
この本の中では、うつ病とセロトニン不足について、次のように書かれています。

うつ病がセロトニン神経の機能障害で起こる事は間違いありません。それは、脳内セロトニン濃度を増やすSSRIが使われることからも明白です。

SSRIとは、うつ病やパニック障害を抑える為の、セロトニン神経に作用する働きのあるお薬です。本の中では、うつ病を克服する為に、こうした薬に頼らずに済む方法が多数紹介されていました。

この本自体は10年程前の物ですが、未だに、SSRIなどのお薬の乱用、副作用が問題になっているという現実があるようです。

セロトニンとはどのようなもの?

セロトニンとは、一体どのような物なのか?
簡単に説明すると、様々な感情をコントロールする、脳の中のブレーキのような物、、というふうに例えられています。

セロトニンは、脳内の神経伝達物質で、セロトニン神経という場所から分泌されます。

例えば私の場合、漠然とした不安が襲ってくると、なかなか追い払う事ができない事に長い間苦しんでいました。
1度不安になると、何もやる気が起きない。
他の事を考えられないくらい、全てがマイナス思考になるのです。

うつ病を患っている方はこうした症状がもっと深刻なのではないでしょうか。。
セロトニンが不足すると、感情をうまく抑制することができなくなるため、こうした症状に悩まされるようです。

セロトニンを増やす薬の役割

冒頭でも説明した通り、こうしたうつ病や心の病で病院に行くと、SSRIと呼ばれる処方薬を渡される事があります。

このお薬は、脳のセロトニン濃度を一時的に増やす役割があります。
しかし、あくまでも一時的な物で、薬をやめる事がなかなか難しいという問題も危惧されています。

また、場合によってはセロトニン神経の活動を弱らせてしまい、結果的にうつ病が酷くなった、というケースも聞く事があります。。

いずれにしても、SSRIなどを始めとした、うつ病の治療薬(抗うつ剤)に頼りっきりになるのは、それなりに危険な事もあるようです。
もちろん、うつの症状が深刻な方はこうした薬を使用して、少しづつセロトニンを増やしていく努力をする事が大切だと思います。

しかし、徐々に薬が増えて行っているようなら、注意が必要です。
セロトニン神経が弱っているか、または薬への依存や悪影響の可能性も充分に考えられるからです。

セロトニン神経を鍛える為のコツ

うつ病について、色んな本を読んでみると、根本的な解決法には、やはり生活習慣などの地道な努力が推奨されています。
例えば以下のような物です。

  • 朝早く起きて、朝日を浴びる
  • 簡単な事でも良いので、毎日運動をする
  • なるべく人と会って、会話をする
  • 食生活をバランスの良い物にする

どれも簡単な事のように見えますが、実際にやってみると、本当に難しいのです。。
私の場合、医師には比較的軽い「うつ病」と言われていましたが、朝早く起きる事も、人と会う事も、とても苦痛に感じました。

運動は、散歩をする程度ならそんなに苦痛ではありません。
しかし、家の外に出るまでが一番の苦痛です。1度出てしまうと、そこまでではないのですが。。

1度作られてしまった習慣を変える事ほど、困難な事はないと思います。
うつ病を克服する為にできる事。ひとつづつ、始められれば良いのではないかと思います。

偉そうな事を言いながら、私もまだまだ道半ばなのです。。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く