睡眠の質を高めるのは「和風」な食事?!

質のよい睡眠を得るためには、どんな食事が必要なのでしょうか。
その答えは、私たち日本が誇る食事の文化「和食」がカギを握っています。

健康的な食事は、睡眠の質を高める効果のある食事なので、バランス良く食べることは不眠症の改善には重要です。

和食_睡眠

体に取り入れた栄養素は、それぞれが相互的に働いています。

基本的な栄養素(タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル)が不足しているのに、目的に特化した栄養だけを摂取してもあまり意味がありません。

睡眠に良い食事は「和風」にあった

不眠解消、若返り、何の目的にせよ、前述した基礎栄養素は不可欠です。
その中でも、眠りに良い食材を挙げるならば、以前にもお教えしたトリプトファンというアミノ酸です。

睡眠ホルモンのメラトニンを合成するために必要となってくる、セロトニンの材料となるからです。

セロトニン_メラトニン

トリプトファンが多く含まれる食材には、乳製品や大豆製品、アーモンド、たらこ、肉類、赤身の魚などですが、トリプトファンは体内で合成できないアミノ酸なので、食べ物から積極的に取り入れるほかありません。

また、体内に取り入れたトリプトファンをセロトニンに変えるには、ビタミンB6という栄養素が必要になってきます。
赤身の魚、肉、豆類に多く含まれますが、これらはトリプトファンも豊富なので、効率よくセロトニンが作られる代表的な食材と言ってもよいでしょう。

さらにセロトニンと脳内に取り込むためには炭水化物も必要ですので、それらは主食のご飯などで摂取できますね。

  トリプトファンだけでセロトニンは増やせない

最近、巷で糖質カットダイエットなるものも流行していますが、過度なダイエットは不眠を引き起こします。
過剰な分を減らすにはいいのですが、まったく摂取しなくなるとセロトニンを脳内に取り込めなくなり、精神的なトラブルを引き起こしたり、健康には悪影響につながる要因にもなりかねません。充分に注意しましょう。

いつも通りの「日本食」が不眠に良い

これらを総合的に考えると、納豆干物みそ汁など、日本の伝統的な食事が理想的だということは一目瞭然です。
ビタミンB6を多く含む、玄米のご飯、納豆、豆腐入りのお味噌汁。それに、サンマ鮭、イワシなどの焼き魚など、日本の定番の朝ご飯には、快眠に導く栄養素がたっぷり含まれています。

どうしても食欲がない、食べる時間が取れない…という人は、効率よくトリプトファンやビタミンB6が摂取できるサプリメントなどを上手に活用するのもいいですね。

 ぐっすり眠るための、睡眠サプリメント

セロトニンを作り出すには、特別変わったものを食べる必要はなく、毎朝の朝食を、純和風の朝ご飯にすればいいのです。
世界中で和食の素晴らしさに注目が集まっていますが、納得できますね。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く