やる気が出ない症状

何事に対してもやる気が起きない。言えから出たくない..
一時的にそんな気分になる事は誰にでもある事でしょう。しかし、長く続く無気力な症状は、根性論でなんとかなる問題ではありません。
場合によっては、脳のセロトニン神経が弱り、軽度のうつ病を患っている可能性もあるからです。

関連カテゴリ 一覧

 やる気が出ない – 原因は

やる気が出ないのは、何が原因でしょうか。一時的な問題なら、きっと誰にでもそんな症状はあるはずです。しかし、何もしたくない、常に無気力という状況が長く続くようなら、心の病気の可能性を疑ってみる必要があります。

 

 無気力感と、セロトニン欠乏脳

脳のセロトニンが不足する、「セロトニン欠乏脳」の特徴的な症状として、無気力感があります。セロトニン神経が弱っているのに、無理に元気を出そうとしても、うまくいかない事の方が多いでしょう。正しい知識を身に付け、うつ病を未然に防ぎましょう。

 

 落ち込みやすい原因

落ち込みやすい性格を、遺伝や元々の性格だからどうしようもないと諦めていませんか。遺伝が影響するのは、あくまで、その人の性格の一部分に過ぎません。明るく、快活な自己は、ある程度の努力で手に入れられる事が分かっています。

 

 前向きな気持ちを作る、セロトニン

脳の神経伝達物質であるセロトニン神経が、その人の姿勢や表情にまで影響を与える事が分かっています。朝から快活で覇気のある毎日を過ごす為に、セロトニン神経を鍛える事をお勧めします。

 

 セロトニンを増やすサプリメント

朝起きるとともに、脳の覚醒(目覚め)を作り出し、その日一日を元気に過ごす為に、セロトニンは重要な役割を果たしています。管理人がおすすめする、セロトニンを効率的に増やす為のサプリメントを、ランキング形式で紹介しています。

 

 身体がだるい・疲れやすい原因

朝から憂うつで、身体がだるくて何もしたくない。せっかくの休日も一日中疲れを感じていて、前向きになれない。セロトニンは、心と身体の両方を快活に保つ為の脳内物質であると考えられています。