やる気が出ない時 – 気分転換でやる気を引き出す方法とは?

仕事や課題、本当はやらなければいけない事が沢山あるのに、なぜか身体が動かない。
やらないといけないと思っているのに、やる気が出ない。気がついたらテレビを観たり、ネットサーフィンをしていたり。

気ばかり焦ってしまうのに、結局は最後まで何もできない。
そんな経験は誰にでも1度くらいはあるでしょう。
たった1度きりならまだしも、いつまで経ってもそんな状況を抜け出せないのだとしたら。もしかすると、今までとは違った気分転換が必要なのかもしれません。。

やらなければいけない

できない事に、自己嫌悪に陥る

  • やる気が出るまで待ってみる。
  • まずはやれる事からやってみる。
  • やる気が無くても机に座ってみる。

そんなふうに言われて試してみたものの、やっぱりやる気が起こらず、気がついたら全く違う事をしていたり、何もしないまま時間だけが過ぎていたり。

  • 「自分は一体何をしていたのだろう。」
  • 「これを終わらせなければいけないのに。」
  • 「今日もやっぱりできなかった。」

こんな状況では、そんな風に自分を責めてしまい、自己嫌悪から余計に辛くなるばかりです。
一体、問題はどこにあるのでしょうか。
そして、どうすればやる気を引き出し、効率良くやらなければいけない事をこなせるようになるのでしょうか。

その場から離れ、頭を切り替える事が大切

もし、目の前にやらなければいけないと思う事があり、それが出来ずにイライラしているのなら。
一旦その場所から離れ、おもいっきり違う事をするべきです。
だからと言って、テレビを観たりゴロゴロしたほうが良いと言っているわけではありません。できれば、気分を全く変える為に、身体を動かす運動などをするべきです。

例えば、軽いジョギングやウォーキングなど、その場所から一旦離れ、気分転換の為に違う場所に行く事が良いでしょう。同じ場所で、同じような事を考え続けていても、常に頭の中では堂々巡りを繰り返し、脳が疲れていくばかりです。

こんな時は1度、ストレスから離れ、頭だけではなく身体を疲れさせる事で、心身のバランスを整える必要があります。

グルグルと考え続ける事をスパッとやめる

同じような事を頭の中でグルグルと考え続け、悩みが大きくなり、ストレスを感じる。
こうした症状の方に多いのが、セロトニン欠乏脳という症状です。脳の神経伝達物質であるセロトニンは、不足するとうつ病を引き起こす原因となります。

セロトニンは、規則正しい生活習慣や、普段から運動を行う事で分泌されやすくなります。
脳が疲れ、やる気が出ない時こそ、1度気分を切り替えるために、あえて外に出て運動をする時間を作る事を強くお勧めします。

また、運動を毎日の習慣として続ける事で、普段からセロトニンを分泌しやすい脳の状態を作り出す事ができます。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く