やる気が出ない時のサプリメント

せっかくの日曜日も、身体がだるくてやる気が出ない。
外出するのも人と会うのも面倒で、お昼頃まで寝てしまう。

日曜日だけならまだいいかもしれませんが、毎日このようなやる気が出ない症状に悩んでいるなら要注意です。
ストレスが原因で、脳の神経伝達物質『セロトニン』が不足すると、このような症状に陥ってしまうそうです。

やる気が出ないのは、セロトニン不足?

やる気が出ない

セロトニンを作り出す材料となる、必須アミノ酸『トリプトファン』は、サプリメントでも補う事ができます。
最近ではこうした症状のためのサプリメントも販売されています。

私の場合は、職場での人間関係に悩んだことが最初の原因だったと思います。最初の症状は、夜になっても不安な気持ちや考え事が頭から離れなくて、なかなか寝付くことができなくなりました。
心の疲れと同時に、身体も疲れやすくなっていきました。結局、朝がだるい何もやる気が起きない症状は数ヶ月続きました。
仕事に支障が出る事が怖くなったし、何か普通では無いと思い、心療内科を受診することを決めました。

うつ病の初期症状?

心療内科では、一通り話を聞いてくれた後に、あっさりと「うつ病の初期症状」というような事を言われました。
同時に、見たことも無いくらい大量のお薬を処方されました。4〜5種類くらいあったと思います。

後になって調べてみると、うつ病や朝がだるい、やる気が出ないなどの症状は、脳の神経伝達物質、セロトニンが不足している事が原因だと分かりました。
こうした症状の場合、一般的に、セロトニン神経に作用する、SSRIと呼ばれる薬が効果があると言われています。いわゆる「効うつ剤」と言われている物です。

処方薬でセロトニンが増やせる?

やる気が出ない_サプリ
こうした処方薬は、一時的に不安な感情を抑えたり、やる気が出ない症状、パニック障害などを改善してくれます。しかし、それは本当に一時的なものであり、薬が切れるともっと酷い症状に悩むこともあるようです。

詳しいことは、うつ病などの本を読んで見ると書いていると思います。
精神科や心療内科を受診しようと思って居る方は、是非読んで見ることをお勧めします。

セロトニンは、幸せホルモンとも言われますが、不安な感情やイライラを抑制してくれる神経伝達物質です。脳のセロトニンが不足してくると、朝から脳が覚醒せず、やる気が出ない、すっきりしないなどの症状が引き起こされます。
しかし、安易に抗うつ剤を飲んでも、セロトニンを作り出すセロトニン神経が鍛えられるわけではありません。

むしろ、抗うつ剤に頼ってしまい、自らセロトニンを作り出す能力が弱っていくと言われています。これが、抗うつ剤の副作用の根本的な原因のようです。
薬をやめてしまうと、何もやる気が起きない。離脱症状と呼ばれる引き起こされる可能性があるのです。

サプリメントの活用方法

やる気が出ない症状を根本的に改善したいなら、お勧めは毎日の生活習慣を変えていくことです。

継続的に行う運動や、食生活の改善はあまり関係が無さそうに思われますが、セロトニンを作り出す為の神経(セロトニン神経)を、根本的に強化してくれます。

サプリメントを使用するなら、セロトニンを作り出す材料となる、トリプトファン、ビタミンB6がしっかり配合されたものを使用するのがお勧めです。
サプリメントには、抗うつ剤のような副作用もないので、安心して使うことができます。

ただし、抗うつ剤のような即効性はあまり期待できません。
時間をかけて根本的に、やる気が出ない症状を改善していきたいと思う方にはおすすめです。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く