夜のコンビニの光は、不眠の原因に!

明るい光が不眠の原因になりうるという事は、以前にも何度かこのブログに書いてきました。目から入った光は、網膜を通して脳の神経にまで刺激を与えます。

特に注意したいのが、蛍光灯やLED電球に見られる、白色の光や、パソコン画面、テレビ画面などの光です。
いずれも、脳に覚醒を促したり、睡眠ホルモンである、メラトニンの生成を抑制する働きがあるとされています。

夜の光

夜の光は脳を覚醒させる

身近なところでは、コンビニの光には注意をするべきです。深夜に外を歩いていると、コンビニの明るさはとても目立ちます。

まるで、コンビニだけが昼間と変わらないような、時間を感じさせない明るさを放っています。
コンビニは外からでも目立つように、また、いつでも安心して入ってもらいやすくするために、あえてあのような明るい蛍光灯を大量に使用しているそうです。

安心感や集客を生む為には良い事ですが、快適な睡眠のためとなると、話が変わってきます。

最初にも書いたように、私たちの脳は、明るい光に反応して覚醒してしまいます。夜の時間帯でも、あのように明るく眩しい光の中にいると、脳は昼と錯覚してしまいます。

自宅でも、電気を使い分ける工夫を

夜間は、なるべくコンビニのような明るい光の場所に行かない事が大切です。
また、自宅の中でも、時間に合わせて電気を使い分ける工夫をすると、寝つきを良くすることができるかもしれません。

夜間、寝る時間が近づいてきたら、落ち着いた暖色系の色のライトを使う。
寝室は1段階暗くして、リラックスできる白熱電球のような物を使用する。
一見小さな努力かもしれませんが、寝つきを良くするためには、大切な事です。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く