夜型の体質を朝型に切り替えるには、どのくらいの期間がかかる?

最近では、夜型の体質が「良くない」という見方が徐々に変わりつつあり、むしろ夜型の方が集中力も持続性もあるとさえ言われています。
独創的でクリエイティブな職種は、夜型の人間のほうが向いている、という論調まで聞く事があります。

とは言え、そうは言っても一般的な仕事をする上で、夜型の体質は問題が多いという事も事実。
午後から出勤させて貰える仕事なんて、よっぽど稀な職種ではないでしょうか。一般的なサラリーマンにとっては、夜型の体質は朝型の人に比べても、辛く、苦しい事の方が多いでしょう。

朝型夜型切り替え

夜型から朝型へ切り替えるには

初めに、夜型の生活から朝型に切り替えるためには、時間がかかる事を知っておきましょう。
睡眠時間は、その人の体内時計を作り上げ、習慣として身体に定着させてしまいます。たった1日でこれを切り替える事は、ほぼ不可能です。
人によっては、長期間に渡り体内時計を定着させなければ、根本的な改善には至りません。

朝はなんとか起きれるようになったけれど、日中は常に眠く、夜になると目が冴えてくる。結局、毎日眠りにつく時間は深夜になり、朝になると毎日気分が悪い。
こんな状況でも、一応、朝起きる事はできます。
しかし、これでは根本的には夜型のままです。こうした人の場合、多くの場合は週末になると一気に夜型に逆転します。

結果的に、月曜日の朝はいわゆる「ブルーマンデー」と言われるように、仕事に行きたくない激しい衝動に駆られます。

失敗しない切り替え方

夜型の人が朝型に切り替える時に、やってしまいがちな失敗が、一気に朝型に切り替えようとする事です。体内時計は午前11時が起床時間になっているのに、いきなり午前6時に起きても、身体も脳も間違いなくついていけません。

反発するように日中は眠気が襲ってきて、思わず居眠りをしてしまったり、午後になってもすっきりしない時間が続いたりします。
この時、脳は、日中を活動時間とはみなしていないのです。日中の脳は覚醒しきれておらず、夜になっても眠気を感じる事はありません。
こうした失敗を避ける為にも、時間をかけて徐々に朝型に慣らしていく事が大切です。

朝型を「習慣化」する方法

夜型から朝型に切り替える為には、毎日30分〜1時間くらいづつ、就寝時間と起床時間をずらして行く事が重要です。
昨日深夜の3時に寝たのなら、今日は頑張って2時に寝るようにする。という具合です。

これで、次の日に日中の活動に支障がなければ成功です。次の日は1時に眠るように頑張ってみましょう。

このように、徐々に徐々に、睡眠時間をずらしながら切り替えていき、体内時計を固定化させていきましょう。
睡眠時間を30分〜1時間早めた事で、次の日がきついと感じるような日があったのなら、その次の日は時間を早めず、まずはその時間に慣れる事に専念してください

しばらくして、その時間に就寝して起きても、身体がきつくなくなったら、また時間を徐々にずらすようにしていきましょう。
間違っても、きつかった次の日には、元の夜型の時間帯に戻す、、なんて事は絶対にしないように注意してください。たった1度でも夜型の時間に戻してしまうと、一気に夜型の体質に逆戻りです。

3ヶ月かけて「固定化」する

朝型の体質に慣れる為には、少なくとも3ヶ月間は朝型の時間帯で寝起きして、朝型の生活を固定化する事です。
その間、「週末だけはゆっくり寝て、遅く起きよう、、」などという事をしてはいけません。たった1日でもそんな日があると、一瞬で夜型に逆戻りしてしまいます。

3ヶ月もの間、毎日早起きを繰り返していると、その時間に寝起きする事に、身体が慣れてしまいます。何事も、習慣化すると、身体はきついとも感じなくなってきます。

本気で朝型に切り替えたいなら、まずは3ヶ月間を目標に早起きを実践してみましょう。

 管理人おすすめ – 寝つきを良くするサプリ

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く