夜になると心が不安定になる – 穏やかな気持ちになる方法

夜になると、心が不安定になって、眠れない。
特に「眠れなかったらどうしよう」と考える事で、心が不安定になる。。
これは、精神生理性不眠と言われる症状です。

他にも、考えたくもないのに将来の事や仕事の事を考えてしまい、不安で眠れない。
明日の予定が頭の中に浮かび、緊張して寝付く事ができない。。など。
夜になると不安定
また、本人にとって一番辛いのが、理由も分からないような「漠然とした不安」ではないでしょうか。
日中は考えもしないのに、夜になると、死について考えてしまったり、日中は絶対に考える事のないような思考状態に陥るという例は、多くあるようです。
いずれの場合も、夜になると不安になって眠れない..という症状です。

心を不安的にする『重要な神経』

不安の症状には、脳の「ある神経」が関係していると考えられています。
それが、ノルアドレナリン神経と呼ばれる神経です。
この、ノルアドレナリン神経は、「逃避の神経」とも呼ばれ、危険を回避する為に人間に備わっている、重要な神経です。

ノルアドレナリン神経は、不安や恐怖の感情を生み出します。それは、危険から回避する為の本能的な衝動です。
怪しい人を見かけたら、何も考えなくても不安になったり、ドキドキしていつでも逃げれるように血圧を上げる。これらは、ノルアドレナリン神経が反応する事によって、危険から回避しようとする、人間の動物的な本能なのです。

セロトニン欠乏脳の症状

しかし、このノルアドレナリン神経が敏感に働きすぎると、極端な不安や憂うつ感、緊張状態が続いてしまう事になります。
うつ病やパニック障害など、心の病の症状もノルアドレナリン神経の過剰な反応が原因である場合があるそうです。

夜になると心が不安定になり、いつまで経っても眠れないという症状も、「ノルアドレナリン神経」に原因があるのかもしれません。
ノルアドレナリン神経の過剰な反応は、通常「セロトニン神経」から分泌される、脳内物質「セロトニン」によって抑制されています。
しかし、長期的なストレスや不規則な生活。睡眠時間の乱れによって、セロトニン神経が弱ってしまい、セロトニンの分泌濃度が通常より少なくなってしまう場合があります。
この状態は、セロトニン欠乏脳と呼ばれ、やはり、うつ病などの、心の病の原因になると考えられています。

不安定な心を、穏やかに保つ方法

では、セロトニンの不足による、心の不安定を解消し、穏やかでぐっすり眠れる方法は無いのでしょうか。その為には、やはり脳の中のセロトニン分泌濃度を上昇させるのが、一番だと考えられています。

うつ病やパニック障害などの患者さんに処方される効うつ剤、「SSRI」などは、脳のセロトニン濃度を一時的に上昇させるための薬です。
こうした薬は、もちろん医師の処方箋が無ければ処方されません。よほど不安感が酷いという方は、1度、心療内科や精神科を受診されて、相談してみると良いでしょう。

薬に頼らないで、心を安定させる方法

セロトニンを増やす為には、病院で精神安定剤を出してもらう事だけが解決方法ではありまえん。例えば、以下のような方法でも、脳のセロトニン濃度が増やす事ができるという事が明らかにされています。

  • 毎日、継続して1日20分程度の運動を心掛ける
  • 毎朝、しっかり朝日を浴びる
  • バランスの良い食生活を心掛ける

また、最近ではセロトニンを効率的に増やし、不安を和らげるためのサプリメントも販売されています。こうした物も、効果的に活用されると良いと思います。
以下は私が使用している、マインドガードDXというサプリメントです。

マインドガードDX マインドガードDX

根本的に不安の症状をなどを解消したい方にはおすすめできます。


こころのサプリマインドガード

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く